【WordPress】functions.phpを直接編集しなくて済むプラグイン!Functionality

WordPressの使い方

【WordPress】functions.phpを直接編集しなくて済むプラグイン!Functionality

functions.phpとは

ワードプレスを機能拡張やカスタマイズするとき絶対に出てくるファイルfunctions.php。

PHPプログラムを書く場所ですが、できるだけいじりたくないファイルです。

しかもテーマごとに書き換える必要があったり、テーマがアップデートしたときに消えてしまったりと。。。トラブルが絶えません。

functionalityはそんなトラブルから救ってくれるプラグインです。

テーマの下のファイルはいじらずにfunctions.phpに追加することができます。



インストール

プログイン>新規追加

インストールをおして有効化

これで「Functionality」プラグインは有効化されました。

実はあともう1つ、有効にするプラグインがあります。

プラグイン>インストール済みプラグイン

に移動。

「サイト名」がプラグインになった行が追加されています。これを有効にすることで、追加のfunctions.phpが有効になります。

使用方法

出来たメニューのEdit Functionsをおします。

通常のfunctions.phpの編集画面が表示されますが、こちらに書いてもテーマの中のfunctions.phpは変更されません。

通常は
wp-content/themes/テーマ名/functions.php
が使用されますが、

このプラグインで使われるのは
wp-content/plugins/functions/functions.php
こちらのファイルになりますので個別のテーマとは無関係です。


こうしとけば安心してテーマ変更できますね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました