【初心者向け】WordPressのバージョンを確認する方法

WordPressの使い方

WordPressで「バージョンを更新する」ことを求められることがあります。

言われた通りにバージョンアップをすぐに行った方が良いのか?悩みますよね。

この記事では、wordpressのバージョンについて、現在利用しているバージョンの確認とその更新の手順についてご紹介します。

また、更新した後に前のバージョンに戻す方法についてもあわせてお伝えします。

なぜWordPressのバージョンを確認する必要があるのか?

WordPressのバージョンは、「5.8.2」など3桁の数字で表されています。それぞれに意味があるため、更新があった時にはどの位のバージョンアップだったかが分かるようになっています。

具体的には、

  • 1つ目の更新(5.8.2なら「5」):メジャーバージョンアップ(機能追加や大幅な改良)
  • 2つ目の更新(5.8.2なら「.8」):マイナーバージョンアップ(簡単な機能追加など)
  • 3つ目の更新(5.8.2なら「.2」):マイナーバージョンアップ(軽微な不具合の解消)

になります。

例えばメジャーバージョンアップで言うと、最近バージョンアップした5のバージョンではブログや固定ページの編集画面が一新され、慣れていた編集画面が使えなくなった、ということがありました。

そのため、「現在のバージョン」と「新しく使用するバージョン」を確認して、どんなバージョンアップを行おうとしているのか?何が変更されるのか?は見ておくことをお勧めします。

WordPress「本体」のバージョン確認方法

本体のバージョンを確認する方法は、とても簡単で2つあります。

  • 管理画面の右下から確認する方法
  • 管理画面のダッシュボードで確認する方法

一つずつ紹介していきます。

1、管理画面の右下から確認する方法

最も簡単なのはこの方法です。

管理画面の右下にバージョンが記載されています。WordPressの管理画面ではどのページでも記載されているのですぐに確認することができます。

この場合は、「WordPress 5.8.2」のバージョンだということが分かります。

2、管理画面のダッシュボードで確認する方法

他にも、WordPressの管理画面の「ダッシュボード」から確認することができます。

「ダッシュボード」>「概要」を見ると記載されています。

また、もしダッシュボードに「概要」が表示されていない場合は、「表示オプション」から表示させることができます。

「ダッシュボード」の右上にある「表示オプション」をクリックすると、ダッシュボードに表示させる内容を選ぶことができます。ここで「概要」にチェックを入れてください。

他にもPHPファイルを使う方法などがありますが、管理画面でサクッと確認できますので安心してください。

WordPress「本体」のバージョンを安全にバージョンアップ(更新)する方法

WordPressのアップデート(更新)には、2つの方法があります。

①自動でバージョンアップする方法
②手動でバージョンアップする方法

バージョンアップ内容によって、通常設定されています。

おさらいすると、このようにバージョンアップがありますが、

  • 1つ目の更新(5.8.2なら「5」):メジャーバージョンアップ(機能追加や大幅な改良)
  • 2つ目の更新(5.8.2なら「.8」):マイナーバージョンアップ(簡単な機能追加など)
  • 3つ目の更新(5.8.2なら「.2」):マイナーバージョンアップ(軽微な不具合の解消)

それぞれが

  • メジャーバージョンアップ:手動で更新
  • マイナーバージョンアップ:自動で更新

と設定されています。自動更新・手動更新について解説していきます!

WordPressを自動でバージョンアップする方法

自動で更新することを「バックグラウンド更新」とも言います。

WordPressを自動でバージョンアップ(バックグラウンド更新)をするには、「functions.php」に1行追加するだけです。

管理画面の「外観」→「テーマエディター」→「functions.php」です。一番最後の行以降に以下を追記します。

add_filter( 'allow_minor_auto_core_updates', '__return_true' );

マイナーバージョンアップを自動更新をする設定です。メジャーバージョンアップも自動で更新するには、

add_filter( 'allow_major_auto_core_updates', '__return_true' );

を入力します。

これで自動バージョンアップの設定ができました。

サイトの見え方や管理画面が大幅に変更されることもあるので、自動更新はとても便利な機能ですが、メジャーバージョンアップの自動化はおすすめしておりません。

WordPressを手動でバージョンアップする方法

手動でWordPressをバージョンアップできるときは、管理画面の上に「今すぐ更新してください」というリンクがあります。ここをクリックしてください。

クリックするとバージョンアップについての確認画面が表示されるので、「今すぐ更新」というボタンをクリック。

すると、十秒程度でバージョンアップが完了です。とっても簡単ですね!

WordPressをバージョンアップする際の注意点

必ずバックアップを取ってから作業する

更新をするとき、必ずバックアップをとってから更新するようにしましょう。面倒ですが、何か間違えて全てがなくなることも考えられます。いつでももとに戻すことができるようにするため、絶対に行ってください!

WordPressのバックアップをするにはいろいろな方法がありますが、簡単&間違いなくバックアップを取ることができる方法をご紹介します。

「All-in-One WP Migration」というプラグインを利用すると、WordPressに保存されている画像やデータベースまで全部丸ごと取っておいてくれます。

バックアップ方法は簡単で、「All-in-One WP Migration」を追加したら、「ファイル」にエクスポートするだけです。

「All-in-One WP Migration」を利用する方法

まずプラグインから「All-in-One WP Migration」を探し、インストールします。

その後、「有効化」をして利用開始します。

「All-in-One WP Migration」で「ファイル」をとしてエクスポートします。

このように、1クリックでエクスポートをしてくれます。

プラグインやテーマとの互換性に問題はないか確認する

バージョンアップをするときには、テーマやプラグインとの互換性にも注意をしましょう。

WordPressを更新したら「テーマやプラグインが使えなくなる」ことがある可能性があるからです。

テーマやプラグインは新しいバージョンが頻繁に更新されるため、テーマやプラグインを先にバージョンアップしてください。その後でWordPressのバージョンアップをすることで安心して利用することが可能です。

バグや不具合の情報はないか

スマートフォンアプリにも似ていますが、WordPressのメジャーバージョンアップについては、バグ(不具合)に関する注意が必要です。

バグがないかどうかは、サイトを見て確認しましょう。

<WordPress公式/バグの報告と提案>

WordPressのバージョンをダウングレード(戻す)方法

また、一度アップロードしたけどテーマやプラグインが使えなかった!など、どうしても前のバージョンに戻したいことも出て来ると思います。その時に戻す方法をお伝えします。

バージョンを戻すには、WordPressの管理画面ではなく、レンタルサーバー側での作業をしますので、ログイン情報を用意してください。

まずは、WordPressの前のバージョンをダウンロードします。サイトにはダウンロードページがありますので、ここからダウンロードしてください。

WordPressのバージョンリリース

ダウンロードしたzipファイルを解凍したら、「wp-content」というフォルダをまず削除します。

フォルダを削除後、残りのファイルをすべてダウングレードしたいサーバーにアップロードして上書きします。

上書きが完了したら、管理画面のログイン画面にアクセスします。

そうするとデータベースの更新が表示されますので「WordPressデータベース更新」をクリックします。

これでダウングレード完了です。

管理画面で、WordPressのバージョンを確認してみましょう。無事にダウングレードできていると思います。

まとめ

以上が、WordPressのバージョンの確認方法と、アップグレード&ダウングレードについてご説明でした。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました