【2022年最新】アフィリエイト(ASP)の審査が通るコツを徹底調査!

アフィリエイト

ブログを作ってアフィリエイトをはじめようとした場合、まず最初にアフィリエイトプログラムに登録し、審査に通過する必要があります。

ブログを始めたばかりの方から、

「アフィリエイトに登録しようとしたら、審査に落ちた!」
「ちゃんとブログを作ったのに、なぜか審査が通らない!」
「アフィリエイト審査に通るためには、どれくらい準備したらいいの?」

という声をよく聞きます。

そこでこの記事では、アフィリエイトをはじめる個人・法人向けに、【審査が通るコツ】と、【難易度別おすすめASP】をご紹介します!

筆者

私はアフィリエイトで稼いでいますが、 本業は広告代理店でwebマーケティングが専門で、アフィリエイトの「広告主」としての仕事もしています。
この記事ではその視点も含めて解説していきます!

アフィリエイトとは?

アフィリエイトとは、インターネット広告の一つで、ブログに広告を掲載することによって、ブログを運営している人が収益を得られる仕組みです。

オンラインショップの商品などをブログで紹介し、成果報酬として売上の一部が還元されるという仕組みです。

例えば、Amazonで売っている商品を自分のブログで紹介して訪問者が購入すると、購入金額の1%(※)が自分に売上となります。

※商品によって報酬は変わります

この場合、
広告主→「Amazon」
商品購入→「ブログの訪問者」
そしてアフィリエイトの報酬を受け取るのは「あなた」です。

筆者

アフィリエイトの報酬を受け取る人は、アフィリエイターと言われています!

このアフィリエイトサービスは複数の会社がそれぞれ運営しています。

具体的には、

  1. 個別のアフィリエイト広告プログラム
  2. アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)

の2種類があります。

①個別のアフィリエイト広告プログラムとは?

たとえば「Amazon」「楽天」などの企業が自社でアフィリエイト広告プログラムを利用する方法です。

ECサイトなどでよくあり、そのECサイトにある商品のみ紹介できます。

個別のアフィリエイト広告プログラムの例

②アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)とは?

ASPはアフィリエイトサービスプロバイダーのことで、広告主とアフィリエイターを仲介するサービスのことです。
運営しているのはYahooのような大手企業から、ASP専門の会社までさまざまです。

アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)の例

などのアフィリエイトサービスのことを指します。

アフィリエイトの登録に必要な審査項目

アフィリエイトサービスへの登録には、まず基本情報の入力が必要になります。

登録する際には、個人・法人ともにそれぞれ

  • 基本情報
  • 口座情報
  • サイト情報

の3項目が必要になります。
少なくともこれらを準備する必要があるので、先にチェックしていきましょう。

個人の場合

個人の場合は、ご自身の基本情報と振り込み先の自分名義の口座情報、サイトの情報が必要です。
広告主側からは、名前とサイト情報などが見えるようになっています。住所やアドレスなどは見えませんので安心してください。

<基本情報>
- 名前
- 生年月日
- メールアドレス
- 電話番号
- 住所

<口座情報>
- 口座種類
- 口座番号
- 口座名義人

<サイト情報>
- サイト名
- サイトURL
- サイトカテゴリ(例:自己紹介・日記)
- 運営媒体(例:webサイト・メールマガジン)
- サイト開設日
- 月間訪問者数(延べ)
- 月間ページビュー数
- 月間アクティブユーザー数
- サイト紹介文

法人の場合

法人の場合は、会社の情報や口座情報が必要になってきます。
先に、会社設立や法人口座を作っておきましょう。

<基本情報>
- 会社名
- 法人担当者名
- メールアドレス
- 会社設立年月日
- 会社の住所、電話番号

<(法人)口座情報>
- 口座種類
- 口座番号
- 口座名義人

<サイト情報>
- サイト名
- サイトURL
- サイトカテゴリ(例:自己紹介・日記)
- 運営媒体(例:webサイト・メールマガジン)
- サイト開設日
- 月間訪問者数(延べ)
- 月間ページビュー数
- 月間アクティブユーザー数
- サイト紹介文

ASPによって必要な項目は細かくは異なりますが、おおよそこのような項目が必要になります。準備してから登録しましょう。

ここで気になるのが、立ち上げたばかりのブログの場合、「記事がない」「アクセスがない」こと。
ブログを作ったばかりだと、審査が通らないことがあります。

ここからは、審査の基準とどこまで準備すればよいかを一緒に確認していきましょう。

難易度別アフィリエイト毎の審査基準の違いとおすすめASP

まず前提として、アフィリエイトプログラム毎に審査基準は大きく異なります。
難易度別に説明していきますが、先に「ここまで準備しておけば、ASPに登録できる可能性が高い」という基準をお伝えします。

筆者

初心者の方がまず登録するとしたら、
A8ネット
もしもアフィリエイト
バリューコマース
がおすすめです!

基本的なASPの審査基準

これができていれば、多くのアフィリエイトサービス(ASP)へ登録はできるという基準をまとめてみました。

  • 各ASPの規約を守っている(基本、18歳以上・アダルト禁止)
  • 無料ブログではない(アメブロやnoteはNG)
  • 5記事以上ある
  • 1記事1000文字以上ある
  • 著作権違反などしていない

そのため、まずはちゃんと1000文字以上の記事を5本作った上で、登録難易度が低いところから登録していくと良いと思います。
問い合わせフォームやプロフィールなどは、サイト運営者の存在をきちんと示していることが必要になってくるようです。

それぞれご紹介していきます。

【難易度別】ASP審査基準
難易度 審査基準 アフィリエイトサービス
【簡単】 審査なし A8ネット、楽天アフィリエイト
【普通】 きちんと記事があればOK もしもアフィリエイト、afb、アクセストレード、リンクシェア、バリューコマース
【厳しめ】 各サービス毎基準あり Amazonアソシエイト、Google AdSense(アドセンス)、Appleアフィリエイト

必要な記事数を比較してまとめた記事もありますので、ご覧ください。

アフィリエイトASPの審査合格する記事数は?少ない記事数でも通過するコツ
ブログを作ってアフィリエイトをはじめようとした場合、まず最初にアフィリエイトプログラムに登録し、審査に通過する必要があります。ただ、少ない記事数や質の低い記事でむやみやたらと登録して審査を通すと、「審査落ち」する可能性が高くなってし...

難易度【簡単】の審査基準とおすすめASP

最も簡単に登録できる難易度【簡単】は、個人情報やサイトのURLなど最低限の情報は必要ですが、それさえあれば審査なくすぐに利用できるようになります。

つまり、ブログの質は全く問われないので、記事が1本もなくても良いということです。また、無料ブログでも通る可能性もあります。

一番最初に登録して、稼げるようになるという意味では大変ありがたいASPです。ぜひサイトを作ったら最初に登録しておきましょう。

A8.net

A8.netは、最も登録サイト数が多い日本最大級のアフィリエイトサービスです。
1番満足しているASPに11年連続選ばれており満足度も高く、アフィリエイトを利用するほとんどの人が使っているといっても過言ではないでしょう。

唯一の基準は、

  • 各ASPの規約を守っている(基本、18歳以上・アダルト禁止)

だけとなります。

広告主も2万社以上あるので紹介できる広告が多いことも特徴で、A8netは最初におすすめしたいASPです。

また、実際のA8.netの登録方法についてはこちらの記事をどうぞ。

【2021年最新】A8.net(ネット)のアフィリエイト登録手順と稼ぎ方
アフィリエイト「A8.net(ネット)」のやり方・稼ぎ方を初心者向けに解説!ブログ登録方法やセルフバック、審査、ログインについても徹底的に説明します。

楽天アフィリエイト

楽天アフィリエイトは、楽天の商品を紹介できるアフィリエイトサービスです。
個人の場合、審査はありませんのですぐに紹介することがきますし、楽天ユーザーは多いので成果につながる確率も高いです。

ただ法人の場合は、楽天アフィリエイトは審査があり、通らないこともあるようです。

審査基準を調べたところ、「収益化が見込めるサイトかどうか?」というざっくりしたことしか分かりませんでした。

審査基準としては、

  • 各ASPの規約を守っている(基本、18歳以上・アダルト禁止)
  • サイトがある
  • (法人の場合)収益が見込めるサイトか? ※別途審査

などでした。

もし法人の方で楽天アフィリエイトが審査に落ちた場合、
・銀行振込ではなく楽天キャッシュで受け取る
・他のASPで楽天アフィリエイトを利用する
という2案があります。

詳しくはこちらの記事で説明しています。

難易度【普通】の審査基準とおすすめASP

難易度【普通】になると審査はありますが、審査合格するのはそれほど難しくないです。

審査ではサイトの内容が問われますが、基本的に中身のないダミーサイトの登録を阻止したいだけなので、きちんと自分で書いた記事が10~20記事程度あれば問題ありません

最初にお伝えした「基本的なASPの審査基準」でここまでがクリアできると考えてください。

もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイトは、初心者にサポートが手厚いアフィリエイトサービスです。
広告主数は少ないものの、楽天やAmazonのアフィリエイトが利用できるというのがとてもメリットが大きいのでおすすめサービスです。

審査基準としては、

  • 利用規約を守っている(アダルト禁止)
  • サイトがある
  • 5記事以上ある
  • 著作権などを侵害せずに健全な記事となっている

など、きちんと運営しようとしている方にとっては簡単です。

後述しますが、Amazonのアフィリエイトサービスの審査は非常に難易度が高いのですが、もしもアフィリエイト経由の場合、報酬率は変わらず、審査も比較的通り安いようです。人によっては、「5記事・運営期間9日」でも審査に通った方もいるそうです。

Amazonアソシエイトは通らない可能性も考えると、まずは必ず申し込むと良いでしょう。

また、実際のもしもアフィリエイトの登録方法についてはこちらの記事をどうぞ。

【2021年最新】もしもアフィリエイトのアフィリエイト登録手順と稼ぎ方
「初めてアフィリエイトで稼ごうと思っているけどどこから始めたらいいかわからない!」という方に向けて、この記事では初心者向けイチオシの「もしもアフィリエイト」の登録についてご説明していきます!アフィリエイトサービス「もしもアフィリ...

afb

afbは、審査基準は決して高くなく、アフィリエイト初心者でも登録できるASPの1つです。
ただし、独自のURLを取得して作るサイトである必要があります。アメブロやはてなブログ、noteなどの無料ブログはNGとなります。

afbが記載している審査が通るには、基本的なASPの審査基準に沿っていれば問題ありません。

  • 各ASPの規約を守っている(基本、18歳以上・アダルト禁止)
  • 無料ブログではない(アメブロやnoteはNG)
  • 2,3記事以上ある
  • 1記事1000文字以上ある
  • 問い合わせフォーム・プロフィールページを作る

などです。画像を使ったり定期的に更新してくださいとも書いてありますが、具体的な基準はありませんし、記事数も少なくても(2,3記事程度)大丈夫でしょう。

afb公式サイト 「パートナー規約」

また、実際のafbの登録方法についてはこちらの記事をどうぞ。

【2021年最新】afb(アフィビー)のアフィリエイト登録手順と稼ぎ方
「初めてアフィリエイトで稼ごうと思っているけど、どこから始めたらいいかわからない!」という方に向けて、この記事では「afb(アフィビー)」の審査項目や登録についてご説明していきます!アフィリエイトサービス「afb(アフィビー)」...

アクセストレード

アクセストレードは、審査基準は決して高くなく、アフィリエイト初心者でも登録できるASPの1つです。
こちらも独自のURLを取得して作るサイトである必要があります。アメブロやはてなブログ、noteなどの無料ブログはNGとなります。

アクセストレードが記載している審査が通るには、基本的なASPの審査基準に沿っていれば問題ありません。

  • 各ASPの規約を守っている(基本、18歳以上・アダルト禁止)
  • 無料ブログではない(アメブロやnoteはNG)
  • 5記事以上ある
  • 1記事1000文字以上ある

などです。きちんと運営しようとしている方にとっては、しっかりと記事などを準備しておけば問題ないと思います。

また、実際のアクセストレードの登録方法についてはこちらの記事をどうぞ。

リンクシェア

リンクシェアアフィリエイトは、楽天が運営するアフィリエイトサービスですが、そこまで厳しくありません。

リンクシェアが記載している審査が通るには、基本的なASPの審査基準に沿っていれば問題ありません。

  • ASPの規約を守っている(基本、18歳以上・アダルト禁止)
  • サイトがある
  • 3記事以上ある(あいさつ程度だけの記事はNG)
  • 他サイトの模倣やなりすましなどしていない
  • 著作権・知的所有権違反をしていない

などです。きちんと運営しようとしている方にとっては、しっかりと記事などを準備しておけば問題ないと思います。

また、実際のリンクシェアの登録方法についてはこちらの記事をどうぞ。

バリューコマース

バリューコマースアフィリエイトは、yahooが運営するアフィリエイトサービスで、これまでのASPよりも若干難易度が上がってきます。
明確な基準は非公開となっているので、参考としてください。

バリューコマースの審査を通すコツとしては、基本の基準に加えて、

  • 各ASPの規約を守っている(基本、18歳以上・アダルト禁止)
  • 10記事以上ある
  • 1記事1000文字以上ある
  • 問い合わせフォーム・プロフィールページを作る
  • プライバシーポリシー、免責事項を掲載する

という対応をすれば大丈夫です。
また、審査日数は長くても3営業日ほどでメールが来ます。

公式サイト 「バリューコマース アフィリエイト 登録審査における必須事項」

また、実際のバリューコマースの登録方法についてはこちらの記事をどうぞ。

【2021年最新】バリューコマースのアフィリエイト登録手順と稼ぎ方
「初めてアフィリエイトで稼ごうと思っているけど、どこから始めたらいいかわからない!」という方に向けて、この記事では「バリューコマース」の審査項目や登録についてご説明していきます!

難易度【厳しめ】の審査基準とおすすめASP

非常に高い審査基準が設けられているアフィリエイトサービスです。

Amazonアソシエイトでは180日以内に3件以上の販売実績が条件とされ、それが達成されるまでは利用できません。

Google AdSense(アドセンス)は、ブログのコンテンツについてかなり厳しい審査が行われます。ユーザーにとって有益な情報を提供していると判断されないと通過できません。
ブログをはじめてすぐの方や、作りかけのサイトで審査に望むと落ちる可能性が高いですので、しっかり準備してからにしましょう。

Amazonアソシエイト

Amazonアソシエイトは、登録と同時に広告掲載をスタートすることができます。
しかしそこでは収益化はできず、そのあと180日以内に3件以上の販売実績が条件として審査開始され、審査に通ると売上がたつという仕組みです。

非常に難易度が高いため「基本的なASPの審査基準」と合わせて、

  • Amazonアソシエイト規約を守っている
  • 独自ドメインのブログを作成する
  • 10記事以上ある
  • 1記事文字数2000文字以上ある
  • 問い合わせフォーム・プロフィールページを作る
  • プライバシーポリシー、免責事項を掲載する
  • 月間PV500PV以上
  • サイトに一貫性を持たせる


を基準にして申請すると良さそうです。
そのため、運営が軌道に乗ってからのチャレンジをおすすめします。

Amazon公式サイト https://affiliate.amazon.co.jp/help/node/topi...

Google AdSense(アドセンス)

Googleのアドセンスは、アフィリエイトではないですが同時に申請する方が多いので、一緒に説明します。

アドセンスとはGoogleのバナー広告配信サービスで、サイトを訪れた人が広告をクリックすることによって収益が発生するシステムです。

Googleアドセンスは最も厳しいと言ってもよいでしょう。。
なぜなら、審査基準が開示されておらず、基準が高いからです。

分かっているのは、Googleはとにかく「ユーザーにとって良いコンテンツを発信しているサイト」のみを審査合格させたいということです。
ポイントは、継続性・情報価値・オリジナリティの3つ。
・継続 → 継続してコンテンツを更新しているか?
・情報価値 → ユーザーにとって価値があるコンテンツか?
・オリジナリティ → 他と同じような内容ではなく、存在価値があるか?

この3点を重視されることを意識してみてください。

そのため、「基本的なASPの審査基準」と合わせて、

  • 独自ドメインを取得する
  • 2~3か月以上の運用期間
  • 記事数20記事以上(ユーザーにとって役立つ記事であること必須)
  • 文字数2000~3000文字以上
  • サイトに独自性をもたせる
  • 月間PV3,000PV以上
  • 問い合わせフォーム・プロフィールページを作る
  • プライバシーポリシー、免責事項を掲載する

を基準にして申請すると良さそうです。
そのため、Googleアドセンスは運営が軌道に乗ってからのチャレンジをおすすめします。

審査にかかる時間は、2~4週間が平均的ですが、まれに数か月以上かかることがあるようです。

また、実際のGoogleアドセンスの登録方法についてはこちらの記事をどうぞ。

【2021年最新】Googleアドセンスの登録手順と審査が通るコツ
「Google AdSense(アドセンス)」とは?アドセンスとはGoogleのバナー広告配信サービスで、サイトを訪れた人が広告をクリックすることによって収益が発生するシステムです。記事のコンテンツや訪問するユーザー毎に、...

Appleアフィリエイト

Appleアフィリエイトプログラムは、Apple製品のオンラインストアが対象のアフィリエイトプログラムです。iPhoneやMacBookなどが対象となります。

こちらは審査基準が高いというよりも、「Apple製品の記事をたくさん書いてある」ということが基準となります。

公式サイトにも、「Apple関連製品に関連する情報が大半を占めているサイト様にプログラムにご参加いただいております。」と記載があるとおり、いくらコンテンツやPVがあってもメインがApple製品出ない限り通りません。

逆に言えば、Apple製品についてのみ書きたいブログの場合は、チャンスがあると思いますので、チャレンジしてみてください。

まとめ

以上がそれぞれのアフィリエイト別で審査が通るコツの調査結果をまとめました。

筆者

初心者の方がまず登録するとしたら、
A8ネット
もしもアフィリエイト
バリューコマース
がおすすめです!

ブログをはじめるみなさんが「アフィリエイトの審査に落ちた…」「なぜか通らない…」と悔しい思いをしないためにも、お役に立てれば嬉しいです!

アフィリエイトサービス A8ネット もしもアフィリエイト バリューコマース アクセストレード afb(アフィビー) リンクシェア TGアフィリエイト 楽天アフィリエイト Amazonアソシエイト Appleアフィリエイト Googleアドセンス
タイプ ASP ASP ASP ASP ASP ASP ASP アフィリエイトプログラム アフィリエイトプログラム アフィリエイトプログラム クリック課金
運営会社 株式会社ファンコミュニケーションズ 株式会社もしも バリューコマース株式会社
(Yahoo子会社)
株式会社インタースペース 株式会社フォーイット リンクシェア・ジャパン株式会社
(楽天子会社)
リンクシェア・ジャパン株式会社
(楽天子会社)
楽天株式会社 Amazon Apple Google
対象年齢 18歳以上 年齢制限なし 18歳以上 18歳以上 18歳以上 18歳以上 18歳以上 18歳以上 18歳以上 18歳以上 18歳以上
アダルト 禁止 禁止 禁止 禁止 禁止 禁止 禁止 禁止 禁止 禁止 禁止
無料ブログ 利用可能 利用可能 利用可能 利用不可 利用不可 利用可能 利用可能 利用可能 利用不可 利用不可 利用不可
SNS 利用可能 利用可能 利用可能 利用可能 利用可能 利用可能 利用可能 利用可能 利用可能 利用不可 利用不可
審査基準 ・サイト不要 ・サイトがある
・5記事以上ある
・著作権などを侵害せずに健全な記事となっている
・10記事以上ある
・1記事1000文字以上ある
・問い合わせフォーム・プロフィールページがある
・プライバシーポリシー、免責事項を掲載する
・5記事以上ある
・1記事1000文字以上ある
・2,3記事以上ある
・1記事1000文字以上ある
・問い合わせフォーム・プロフィールページを作る
・サイトがある
・3記事以上ある(あいさつ程度だけの記事はNG)
・他サイトの模倣やなりすましなどしていない
・著作権・知的所有権違反をしていない
・サイトがある
・3記事以上ある(あいさつ程度だけの記事はNG)
・他サイトの模倣やなりすましなどしていない
・著作権・知的所有権違反をしていない
・サイトがある

(法人の場合)
・収益が見込めるサイトか? ※別途審査
→落ちた場合はTG・もしもで利用
※掲載後180日以内に3件以上の販売実績が条件として審査開始

Amazonアソシエイト規約を守っている
独自ドメインのブログを作成する
10記事以上ある
1記事文字数2000文字以上ある
問い合わせフォーム・プロフィールページを作る
プライバシーポリシー、免責事項を掲載する
月間PV500PV以上
サイトに一貫性を持たせる
Apple関連製品に関連する情報が大半を占めているサイト ・独自ドメインを取得する
・2~3か月以上の運用期間
・記事数20記事以上(ユーザーにとって役立つ記事であること必須)
・文字数2000~3000文字以上
・サイトに独自性をもたせる
・月間PV3,000PV以上
・問い合わせフォーム・プロフィールページを作る
・プライバシーポリシー、免責事項を掲載する
審査期間 即時 数時間~1営業日 1~3営業日 1~3営業日 数時間~1営業日 1~2営業日 1~2営業日 審査なし 掲載後180日以内に3件以上の販売実績が条件として審査開始 1~4週間(まれに数か月かかる) 1~4週間(まれに数か月かかる)
タイトルとURLをコピーしました