【2022年版】クラウド会計ソフト人気2社徹底比較!マネーフォワードとfreeeどちらがおすすめ?(法人)

未分類
クラウド会計で人気の2強、freeeとマネーフォワードクラウド。どちらを選んだら良いのか迷いますよね? この記事では、法人設立経験があり創業時2社をどちらも利用した私が、比較して実際のレビューとともにおすすめをご紹介します。

私も起業した当初は初めのうちは会計の知識がなかったので、どちらが良いかさっぱり分かりませんでした。その後、実際に経営をしながら会計の勉強をし、2社とも利用することで違いが分かりました。

法人設立しようとしている方、設立したばかりの方で2社で悩んでいる方にとって、実際に利用したり打ち合わせやヒアリングを行ったので、かなり徹底的に比較しています。

実際に選んだ時に比較検討したことや決めた理由など、参考になると思います。

この記事を監修・執筆した専門家

こんにちは!この記事を監修・執筆した斎藤はじめと申します。
私は現役のエンジニアで、10年程フリーランス・個人事業主として活動した後、昨年起業して現在は会社経営をしています。経歴としては誰もが知っている月間数千万人が利用するサービスの開発をしたり、今でも月間数百万人が訪問する規模のWordPressサイトの運営しております。

そんな私が経験者の視点で解説していきます!

クラウド会計とは?

そもそもクラウド会計とは、ネット環境があれば、サーバー上に保存したデータを使って、いつでもどこでも会計処理を行える会計システムのことです。

従来は、「弥生会計」や「勘定奉行」などパソコンにインストールするタイプの会計ソフトが主流でした。

ただ、大企業向けに複雑な業務もできるように作られているので、初期費用も高く、基本的な会計業務しか行わないスタートアップや中小企業ではコスパが悪いことが多くありました。

そこで出てきたのが「マネーフォワードクラウド会計」や「クラウド会計ソフトfreee会計」などのインストール不要・アクセスするだけで利用できるクラウド型の会計ソフトです。

インストールタイプと比較して導入費用も安い上に、PCのみならずスマホやタブレットでも利用できる便利さが特徴です。現在は、中小企業や個人事業主の利用では、こちらが主流になってきておりおすすめです。

タイプ インストール型 クラウド型
主なサービス 弥生会計
勘定奉行
freee(フリー)
マネーフォワードクラウド会計
弥生会計オンライン
利用方法 ソフトを買ってPCにインストールするタイプ PCやスマホでサイトにアクセスするだけで利用できるタイプ
初期費用 あり(5~15万) なし
月額費用 なし あり(数千円)
更新費用 あり(バージョンアップ時は再度購入などが必要) なし(常に最新に更新される)
利用できるデバイス インストールしたPCのみ PC・スマホ・タブレット

クラウド型にも、たくさん種類があるのですが、今回は最も人気の2種類に絞って調べました。

まずは、どちらも30日間の無料お試し利用ができるので、使ってみると良いと思います!

【結論】クラウド会計ソフト徹底比較!

早速ですが、比較した結論からお伝えします。

こんな人におすすめ! サービス・プラン 料金(税込)
初心者で会計に労力かけたくない freee会計・ベーシックプラン 5,258円
決算さえできればOK freee会計・ミニマムプラン 2,618円
会計をできるだけ安くしたい マネーフォワードクラウド会計・スモールビジネスプラン 4,378円
会計以外も一括で全て利用したい マネーフォワードクラウド会計・ビジネスプラン 6,578円

がおすすめです。

私自身は、経理業務を最短にしたかったので、freee会計を利用しています。個人的にはfreee会計がおすすめですが、ご自身の状況に合わせて比較検討してみてください。

比較表で見てみましょう。

サービス名 freee会計 マネーフォワード
クラウド会計
お試ししやすさ(無料体験)
★★★★★
★★★★★
料金・価格(コスパ)
★★★★☆
★★★★☆win
会計ソフトの操作性(初心者向)
★★★★★win
★★★★☆
レポートなどの充実度
★★★★★win
★★★★☆
サポート体制
★★★★★win
★★★☆☆
会計以外の付属サービス
★★★☆☆
★★★★★win
総合評価
★★★★★win
★★★★☆

端的に言うと、初心者にもサポート手厚く簡単なのがfreee。
多少勉強が必要ですが、コスパが良いのがマネーフォワードクラウド会計です。

ただどちらにも言えるのですが、操作はどちらでもとても簡単です。クレジットカードや銀行口座と連携していれば、自動的にデータが入ってくるのを仕分ける感覚です。

個人で使う家計簿アプリのような操作だと思ってもらって構いません。ただその仕訳け方が、freee会計の方がより専門用語を使わないでくれる印象です。

詳細を比較表としてまとめたので、細かく見ていきます。

サービス名 クラウド会計freee マネーフォワードクラウド会計
プランミニマムベーシックプロフェッショナルスモールビジネス ビジネス
月額(税込) ¥2,618 ¥5,258 ¥52,536 ¥4,378 ¥6,578
年額(税込) ¥26,136 ¥52,536 ¥525,360 ¥39,336 ¥65,736
主な機能 基本的な記帳
債権債務管理※年齢表を除く
決算報告書の作成
請求書 ※一部制限あり
部門数:1部門
ストレージ容量:10GB
基本的な記帳
債権債務管理
決算報告書の作成
経費精算
請求書 ※合算・定期
レポート機能
部門数:2階層毎100部門
ストレージ容量:10GB
基本的な記帳
債権債務管理
決算報告書の作成
経費精算
請求書
レポート機能
部門数:5階層毎100部門
ストレージ容量:10GB
管理会計
基本的な記帳
債権債務管理
決算報告書の作成
経費精算
請求書
レポート機能
部門数:1階層2部門
ストレージ容量:100MB
取引No.振り直し:不可
基本的な記帳
債権債務管理
決算報告書の作成
経費精算
請求書
レポート機能
部門数:2階層無制限
ストレージ容量:10GB
取引No.振り直し:〇可能
レポート機能 ×なし 資金繰りレポート
収益レポート
費用レポート
損益レポート
ピボット分析
入金管理レポート
支払管理レポート
現預金レポート
資金繰りレポート
収益レポート
費用レポート
損益レポート
ピボット分析
入金管理レポート
支払管理レポート
現預金レポート
予実管理
キャッシュフローレポート
収益レポート
費用レポート
得意先レポート
財務指標
キャッシュフローレポート
収益レポート
費用レポート
得意先レポート
財務指標
電子帳簿保存法対応 会計:〇可能(優良電子帳簿対応)
経費精算:〇対応
会計:〇可能(優良電子帳簿対応)
経費精算:〇対応
会計:〇可能(優良電子帳簿対応)
経費精算:〇対応
会計:×不可
経費精算:×別料金(月200円/人)
会計:〇可能×優良電子帳簿非対応)
経費精算:×別料金(月200円/人)
サポート チャット(平日10:00~18:00)
メール
チャット(平日10:00~18:00)
メール
電話(平日10:00~18:00予約制)
チャット(平日10:00~18:00)
メール
電話(平日10:00~18:00予約制)
チャット(平日10:30~17:00)
メール
チャット(平日10:30~17:00)
メール
利用人数 3人まで無料
※上限3人まで
3人まで無料
※上限なし
※1人につき330円/月
10人まで無料
※上限なし
※1人につき550円/月
無制限 無制限
消費税集計 〇可能 〇可能 〇可能 〇可能 〇可能
請求書作成 〇可能
※一部制限有り
〇可能 〇可能
※3名まで
〇可能
無制限
〇可能
経費精算 ×不可 〇可能 〇可能 〇可能
(5名まで無料)
〇可能
(5名まで無料)
給与計算 ×別料金
(人事労務freee)
×別料金
(人事労務freee)
×別料金
(人事労務freee)
〇可能
(5名まで無料)
〇可能
(5名まで無料)
勤怠管理 ×別料金
(人事労務freee)
×別料金
(人事労務freee)
×別料金
(人事労務freee)
〇可能
(5名まで無料)
〇可能
(5名まで無料)
マイナンバー管理 ×別料金
(人事労務freee)
×別料金
(人事労務freee)
×別料金
(人事労務freee)
〇可能
(5名まで無料)
〇可能
(5名まで無料)
電子契約 ×不可 ×不可 ×不可 〇可能
※1名まで
〇可能
無制限
年末調整 ×別料金
(人事労務freee)
×別料金
(人事労務freee)
×別料金
(人事労務freee)
〇可能 〇可能
社会保険 ×別料金
(人事労務freee)
×別料金
(人事労務freee)
×別料金
(人事労務freee)
〇可能 〇可能

クラウド会計ソフト freee会計とは?

クラウド会計ソフト freee会計
お試ししやすさ(無料体験)
★★★★★
料金・価格(コスパ)
★★★★☆
会計ソフトの操作性(初心者向)
★★★★★win
レポートなどの充実度
★★★★★win
サポート体制
★★★★★win
会計以外のサービスの充実度
★★★☆☆
総合評価
★★★★★win

会計知識がなくても、家計簿感覚でかんたんに入力できる。レポートも充実でサポート体制も手厚いのが特徴。

freeeのメリットは、一般的な会計の知識がなくても入力できるというのが最大の特徴です。操作は家計簿アプリ的に使えるので、素人でもかなり分かりやすいと感じました。

また、口座情報を連携すれば、自動的に仕訳する情報が記載されます。やることとしては、家計簿アプリのように「何に使ったか?」を書くだけで、大枠の仕訳帳を作ることができます。

また、会計ソフトとしての幅を超えてキャッシュフロー管理も充実していて、非常に細かく管理できます。

これまでに発生した金額を記録していくことが主な役割ですが、将来の出入金も「未決済」として登録することが可能なのです。そのため、例えば2ヵ月先に決まっている支払いについてもfreee上で確認することができ、ありがたい機能です。

レポートにも決済日未定のものが表示されます。

さらに、電話サポートもついているので、分からないことがあっても電話で聞けるのはとてもありがたいです。実際に電話で相談してみましたが、こちらが分かっていないことも言語化して聞いてくれるので、大変満足度が高かったです。

また、場合によっては営業の方からお電話いただくこともあるようです。私は電話で営業していただきました。かなり詳細の使い方まで聞くことができて、それだけで非常に満足度が上がりました。

詳細は、こちらの記事にまとめました。

【2022年版】クラウド会計ソフト「freee会計」を使ってみた!料金プランや使い方を解説
創業時、クラウド会計、どれを選んだら良いのか迷いますよね?私も起業した当初は初めのうちは会計の知識がなかったので、どれを選べばよいかさっぱり分かりませんでした。その後、実際に経営をしながら会計の勉強をし、複数の会計ソフトを利用してい...
デメリットは、一言でいうとメンバーが少ないうちは会社全体としてはコスパが悪いこと。ミニマムプランだと各種レポートが見えなかったり、経費精算ができません。さらに会計ソフトと人事労務ソフトが分かれていて別々に料金がかかります。

創業前後はクレジットカードなどもまだなかったりすると、自分たちで支払ったりするものがあると思います。そういった経費精算をする必要がありますが、freeeではベーシックプラン以上でないと、すぐに対応ができなません。

経費精算も給与も使おうとすると、最低でもfreee会計「ベーシックプラン(5,258円)」+freee人事労務「ミニマムプラン(2,280円+1人あたり300円)」で、合計「7,538円」がかかります。

マネーフォワード クラウド会計とは?

マネーフォワードクラウド会計
お試ししやすさ(無料体験)
★★★★★
料金・価格(コスパ)
★★★★☆win
会計ソフトの操作性(初心者向)
★★★★☆
レポートなどの充実度
★★★★☆
サポート体制
★★★★☆
会計以外のサービスの充実度
★★★★★win
総合評価
★★★★☆

会計は基礎的な会計知識があれば自動で簡単。起業時に使いたいサービスが一気に利用できるのが特徴。

マネーフォワードクラウドのメリットは、さまざまなバックオフィス業務に必要なサービスが、月額料金の中に含まれることです。そのため、創業時の忙しいときに、バックオフィスサービスを調べる必要がなく、とりあえずまるっと利用することができるのです。

例えば、経費精算や給与計算も5名まで利用できるので、会計業務の際にすぐに使えるとはとてもありがたいです。

ほかにも個人的に驚いたのは電子契約も利用できること。電子契約も今サービスがいろいろあるのですが、多く利用するわけではないので割高に感じていました。マネーフォワードなら1名なら無料でついてくるので、とりあえず電子契約使いたい、というときにとても助かりました。

デメリットとしては、簿記などの会計知識が必要になることです。簿記・会計といっても、日々の仕訳入力作業についてはルールを覚えるだけなので、そこまで難しくはありません。

ただ、勉強したり慣れるまでは大変です。

「どうしても会計のことは覚えたくない!」ということであれば、経理の方にお願いできるようにしたり税理士さんに対応してもらうのが良いと思います。

また、未決済の出入金の確認がしづらいです。
キャッシュフローレポートはあるのですが、現金取引にしか使えません。たとえば、予定している役員報酬などを入れておくことができないんです。
会計ソフトとは別でキャッシュフローレポートが既にある場合は良いですが、これは設立したてのスタートアップにとっては、手間がかかり、デメリットと感じる方も多いのではないかと思います。

クラウド会計ソフト、法人設立時にはどっちがおすすめ?

ということで、改めて比較した結論をお伝えすると、

こんな人におすすめ! サービス・プラン 料金(税込)
初心者で会計に労力かけたくない freee会計・ベーシックプラン 5,258円
決算さえできればOK freee会計・ミニマムプラン 2,618円
会計をできるだけ安くしたい マネーフォワードクラウド会計・スモールビジネスプラン 4,378円
会計以外も一括で全て利用したい マネーフォワードクラウド会計・ビジネスプラン 6,578円

プランは、
・会計だけ使いたい場合は、freee会計のベーシックプラン
・会計以外も使いたい場合は、マネーフォワードクラウド会計のスモールビジネスプラン

をおすすめします。

私自身は、経理業務を最短にしたかったので、freee会計を利用しています。個人的にはfreee会計がおすすめですが、ご自身の状況に合わせて比較検討してみてください。

サービス名 freee会計 マネーフォワード
クラウド会計
お試ししやすさ(無料体験)
★★★★★
★★★★★
料金・価格(コスパ)
★★★★☆
★★★★☆win
会計ソフトの操作性(初心者向)
★★★★★win
★★★★☆
レポートなどの充実度
★★★★★win
★★★★☆
サポート体制
★★★★★win
★★★☆☆
会計以外の付属サービス
★★★☆☆
★★★★★win
総合評価
★★★★★win
★★★★☆

サービス名 クラウド会計freee マネーフォワードクラウド会計
プランミニマムベーシックプロフェッショナルスモールビジネス ビジネス
月額(税込) ¥2,618 ¥5,258 ¥52,536 ¥4,378 ¥6,578
年額(税込) ¥26,136 ¥52,536 ¥525,360 ¥39,336 ¥65,736
主な機能 基本的な記帳
債権債務管理※年齢表を除く
決算報告書の作成
請求書 ※一部制限あり
部門数:1部門
ストレージ容量:10GB
基本的な記帳
債権債務管理
決算報告書の作成
経費精算
請求書 ※合算・定期
レポート機能
部門数:2階層毎100部門
ストレージ容量:10GB
基本的な記帳
債権債務管理
決算報告書の作成
経費精算
請求書
レポート機能
部門数:5階層毎100部門
ストレージ容量:10GB
管理会計
基本的な記帳
債権債務管理
決算報告書の作成
経費精算
請求書
レポート機能
部門数:1階層2部門
ストレージ容量:100MB
取引No.振り直し:不可
基本的な記帳
債権債務管理
決算報告書の作成
経費精算
請求書
レポート機能
部門数:2階層無制限
ストレージ容量:10GB
取引No.振り直し:〇可能
レポート機能 ×なし 資金繰りレポート
収益レポート
費用レポート
損益レポート
ピボット分析
入金管理レポート
支払管理レポート
現預金レポート
資金繰りレポート
収益レポート
費用レポート
損益レポート
ピボット分析
入金管理レポート
支払管理レポート
現預金レポート
予実管理
キャッシュフローレポート
収益レポート
費用レポート
得意先レポート
財務指標
キャッシュフローレポート
収益レポート
費用レポート
得意先レポート
財務指標
電子帳簿保存法対応 会計:〇可能(優良電子帳簿対応)
経費精算:〇対応
会計:〇可能(優良電子帳簿対応)
経費精算:〇対応
会計:〇可能(優良電子帳簿対応)
経費精算:〇対応
会計:×不可
経費精算:×別料金(月200円/人)
会計:〇可能×優良電子帳簿非対応)
経費精算:×別料金(月200円/人)
サポート チャット(平日10:00~18:00)
メール
チャット(平日10:00~18:00)
メール
電話(平日10:00~18:00予約制)
チャット(平日10:00~18:00)
メール
電話(平日10:00~18:00予約制)
チャット(平日10:30~17:00)
メール
チャット(平日10:30~17:00)
メール
利用人数 3人まで無料
※上限3人まで
3人まで無料
※上限なし
※1人につき330円/月
10人まで無料
※上限なし
※1人につき550円/月
無制限 無制限
消費税集計 〇可能 〇可能 〇可能 〇可能 〇可能
請求書作成 〇可能
※一部制限有り
〇可能 〇可能
※3名まで
〇可能
無制限
〇可能
経費精算 ×不可 〇可能 〇可能 〇可能
(5名まで無料)
〇可能
(5名まで無料)
給与計算 ×別料金
(人事労務freee)
×別料金
(人事労務freee)
×別料金
(人事労務freee)
〇可能
(5名まで無料)
〇可能
(5名まで無料)
勤怠管理 ×別料金
(人事労務freee)
×別料金
(人事労務freee)
×別料金
(人事労務freee)
〇可能
(5名まで無料)
〇可能
(5名まで無料)
マイナンバー管理 ×別料金
(人事労務freee)
×別料金
(人事労務freee)
×別料金
(人事労務freee)
〇可能
(5名まで無料)
〇可能
(5名まで無料)
電子契約 ×不可 ×不可 ×不可 〇可能
※1名まで
〇可能
無制限
年末調整 ×別料金
(人事労務freee)
×別料金
(人事労務freee)
×別料金
(人事労務freee)
〇可能 〇可能
社会保険 ×別料金
(人事労務freee)
×別料金
(人事労務freee)
×別料金
(人事労務freee)
〇可能 〇可能

まずは、どちらも30日間の無料お試し利用ができるので、使ってみると良いと思います!

まとめ

いかがだったでしょうか?

法人設立しようとしている方、設立したばかりの方が比較検討するにあたって、実際に選んだ時の調べたことや決めた理由など、参考になれば嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました