【審査通過】GMOあおぞらネット銀行の法人口座開設できた!設立1ヵ月でも落ちない方法

未分類
筆者

・GMOあおぞらネット銀行の法人口座を作りたい!
・GMOあおぞらネット銀行の審査について知りたい!


こんな方に向けて記事を用意しました!

この記事では、実際に私が創業時に作った「GMOあおぞらネット銀行」の法人口座開設について、赤裸々にご紹介していきます。

起業して1か月目に法人口座を作りましたが、かなり調べて対策したので、2社の銀行法人口座を作ることができました。

私が起業した当時、直近で起業した友人などもいなかったので、「どの銀行で口座作れるか?」という情報を知ることが難しく、とても苦労しました。
また、実際にどんな資料を出せば審査に受かるのかも分からず、手探りの状態でした。

そのためこの記事では、自分の経験をこれから起業する方に向けて書いていきます。

起業したばかりのベンチャー企業やスタートアップで法人口座を作ろうとしている方には、実際に申請したときの内容など、参考になると思います。

無事に審査に通った弊社ですが、当時の状況をまとめてお伝えします。

・創業から1ヵ月
・住所は代表自宅
・法人のホームページなし
・実店舗なし
・固定電話回線なし

この前提で、審査に通る方法をお伝えしていきます!

この記事を監修・執筆した専門家

こんにちは!この記事を監修・執筆した斎藤はじめと申します。
私は現役のエンジニアで、10年程フリーランス・個人事業主として活動した後、昨年起業して現在は会社経営をしています。経歴としては誰もが知っている月間数千万人が利用するサービスの開発をしたり、今でも月間数百万人が訪問する規模のWordPressサイトの運営しております。

そんな私が経験者の視点で解説していきます!

GMOあおぞらネット銀行とは

GMOあおぞらネット銀行は、名前の通りGMOグループとあおぞら銀行が2018年に作ったネット銀行です。
上場企業と銀行の共同出資のため安心です。

ネット銀行の中でも最も審査が早く、即日口座開設してくれるという、起業したての時は非常にありがたい銀行です!

筆者

起業したて時にまず口座開設するには、
GMOあおぞら銀行
住信SBIネット銀行
がおすすめです!

最初に法人口座2社を選んだ理由についてはこちらの記事でまとめています。

GMOあおぞらネット銀行の法人口座のメリット

結論からいうと、GMOあおぞらネット銀行は、創業時の起業家やスタートアップ起業をサポートしてくれます。

多くの銀行は創業時の口座開設は非常に難しいのですが、その点GMOあおぞらネット銀行は、明確に「スタートアップに力を入れていく」と宣言していいます。かなり審査も通りやすくスピーディーでありがたいです!

筆者

起業時、「どうなるか分からない実績のない時期」とはいえ、お金を預けさせてももらえないのは衝撃でした…!

具体的には、4つのメリットがあります。

【メリット】
  • 法人口座開設が簡単で最短!
  • 振込手数料が最も安い
  • デビットカードが作れる
  • バーチャル口座(振込入金口座)が無料

それぞれ説明していきます。

法人口座開設が簡単で最短!

GMOあおぞらネット銀行は、法人口座を開設するのにかかるスピードが圧倒的に早いのが特徴です。

具体的には、最短で即日で口座開設が可能です。
なぜなら、全てインターネット上での申請で完了するから。はんこ不要、郵送不要なので口座開設の申込手続きがネットで完結します。

スマホとPCがあれば申請作業は30分以内で終わりました。

筆者

窓口まで行かなくていいのはもちろんのこと、郵送いらずというのは、起業準備などで忙しいときに本当に助かりました!

振込手数料が最も安い

GMOあおぞらネット銀行の法人口座の最大のメリットは、振込手数料が最安値なこと。 GMOあおぞらネット銀行同士の場合、振込手数料が無料。さらに、設立1年未満の法人は、通常他行宛は145円の振込手数料が毎月20回まで無料です。
銀行名 ネット利用料 同一銀行あて
(3万未満)
同一銀行あて
(3万以上)
他行あて
(3万未満)
他行あて
(3万以上)
GMOあおぞらネット銀行(通常会員) 無料 無料 無料 145円 145円
GMOあおぞらネット銀行 (通常会員 設立1年未満) 無料 無料 無料 145円
(20回まで無料)
145円
(20回まで無料)
GMOあおぞらネット銀行(振込料金とくとく会員) 500円/月 無料 無料 135円 135円

また、「振込料金とくとく会員」という月500円の会員制度に入ると、他行宛の振込手数料が一律135円(税込)となり、上限回数なく振込が可能です。

他にもATM出金手数料が毎月5回無料になるので、利用しそうな方は検討してみると良いと思います。

デビットカードが作れる

GMOあおぞらネット銀行で法人口座を開設すると、クレジットカードと同様に利用できるVisaビジネスデビットカードを審査なしで作ることができます

年会費も無料な上、1%がキャッシュバックされるので、非常にお得です。

筆者

起業したばかりの時は、クレジットカードの審査もなかなか通りません。そのため、審査なしでカードが作れるのは非常にありがたいです!

バーチャル口座(振込入金口座)が無料

バーチャル口座(振込入金口座)とは、入金専用に口座番号を仮想で作ることです。

入金専用の口座を割り当てることで、銀行振込による入金管理をスムーズに行うことができるため、消し込みにかかる時間や労力が大幅に軽減されるメリットがあります。

GMOあおぞらネット銀行の「振込入金口座(バーチャル口座)」は、通常数十万円かかる初期費用や月額基本使用料などが全て無料で使うことができます。

GMOあおぞらネット銀行の法人口座開設手続きの流れ

ここからは、実際に口座開設の審査の流れを説明していきます。

申請するにあたって必要な情報は以下の通りです。

必要な情報
  • 法人登記情報(法人番号、登記住所、資本金、設立年月日など)
  • 代表者情報(氏名、役職名、住所など)
  • 取引責任者情報(氏名、役職名、住所など)

また、書類などで必要なものは以下の2点です。

必要な書類
  • 本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカード、パスポート等)1点
  • 事業内容確認書類(実際に事業が行われていることが確認できる書類) ※別途紹介

口座開設申込フォーム入力し、事業内容の申告と必要書類をアップロードし、審査開始です。

スマホアプリを使ったセルフィー動画で本人確認を行えば、最短当日に審査が完了します。

そうでない場合は4営業日程度かかるようです。

審査のポイント

審査は、「本人確認」+「事業内容の確認」というのが基本の構成です。

本人確認について

ここで見られるのは、その名の通りですが「本人確認書類でちゃんと本人が確認できるか?」です。

「本人確認」をセルフィー動画で行うには、2つの条件が必要です。

もしセルフィー動画での条件に当てはまらない場合は、以下の本人確認書類をアップロードもしくは郵送で送ることで対応可能です。

  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • パスポート
  • 各種健康保険証(カード型健康保険証)
  • 各種健康保険証(紙型健康保険証)
  • 各種年金手帳(厚生年金、国民年金、共済年金など)
  • 印鑑登録証明書 ※郵送の場合コピー可
  • 住民票の写し ※郵送の場合コピー可
  • 日本国籍がない場合、在留カードもしくは特別永住者証明書

事業内容確認について

「事業内容確認」について、見られるのは以下の3点です。

  • 登記上の会社名・所在地の記載
  • 事業または取扱商品の具体的な内容(価格、購入方法、サービスの流れなど)
  • 現在、実際に事業活動が行われていること

つまり、登記情報以外に、実際にどのような事業が現在行われているか?を見られています。

逆に言えば、ペーパーカンパニーではなく、きちんと事業をやっていることが伝われば審査に通るということです。

具体的には、詳しい事業内容を記載することと、このような書類を提出することになります。

全ての事項が載っていない場合、複数の書類を組み合わせれば良いそうです。

筆者

私は、ちょうど助成金の申請を行った後だったので、「他社への提案資料、商品企画書」として提出済みの助成金の申請書類を送ったら、無事に審査通過しました。

口座開設申請の流れ

ここからは、具体的に記載する情報について説明していきます。

口座開設申込フォームの入力

まずは口座開設申込フォームに基本的な法人情報を入力します。

次に、代表者の情報を入力します。ここで先ほど説明したセルフィー動画を撮影して登録します。

取引責任者の情報を入力します。(セルフィー動画をコピーで終了)

続いて、連絡先などを入力します。

一緒にデビッドカードを作ることができるので、申し込むことをオススメします。
クレジットカードは最初作りにくいので、重宝すると思います。

実質的支配者について記載し、各種ポリシーなどに同意し、申し込み完了です。

法人口座開設ナビで書類をアップロード

申し込みをすると、メールが送られてきます。

ここで「法人口座開設ナビ」を使って、「事業内容確認書類」を登録することになります。

メールに記載されいている「受付番号」と生年月日・電話番号を入れてログインします。

ここで書類などのアップロードをします。

最初に、事業内容の申告をします。

業種や代表者の略歴など、実際のことを書けば問題ないでしょう。

次に、セルフィー動画の撮影をします。PCで作業をしている場合、QRコードを撮影することでスマホで対応できます。

最後に、事業内容確認書類を1点以上アップロードします。全部で10点までアップすることができます。

ここで郵送物がある場合は即日の開設はできないのでご注意ください。

提出ができれば、これで審査申請は完了です!お疲れさまでした。

審査結果

申請結果は、翌日にメールが来ました!

即日ではなく翌日だったのは、私が申請したのが夜20時とかで営業時間を過ぎていたためです。それでも翌日には審査結果が来たので、非常に早いですね。

この時に送られてくるログイン情報で設定すれば、すぐにインターネット上で口座にログインすることが可能になります。

このように口座開設ができました!

書類やVisaデビットカードは、その後1~2週間後に会社住所宛に届きました。

筆者

必要書類も少なく、はんこもいらないため、PCの前で30分ほどで口座開設ができるのは非常にありがたかったです!

スタートアップに注力している銀行ということを非常に感じますし、無事に開設できてよかったです。

ここまで、GMOあおぞらネット銀行の申請のやり方についてご説明しました。

ここからは、そもそも法人口座どこで作ったら良い?と迷っている方向けにまとめています。良かったらこちらの記事もご覧ください。

法人口座の比較

法人口座を開設できる銀行の比較表としてまとめました。

銀行種類 創業時
口座開設しやすさ
創業1年後
口座開設しやすさ
信用力 手数料 取引しやすさ
都市銀行(メガバンク) × × ×
(110~660円)
地方銀行 ×
(無料~550円)
ゆうちょ銀行 ×
(無料~165円)
ネット銀行
(無料~145円)
信用金庫
(無料~440円)

これまでの説明でもお伝えしましたが、創業時についてはネット銀行でまず取引をするというのが現実的です。

①まずは、ネット銀行で口座を作って取引開始する
②1年経ったら決算を経て、ゆうちょの口座開設をする


というのが最も現実的でしょう。

手数料の比較

主要な銀行のみとなりますが、手数料だけの比較もしてみました。

銀行種類 銀行名 ネット利用料 同一銀行あて
(3万未満)
同一銀行あて
(3万以上)
他行あて
(3万未満)
他行あて
(3万以上)
都市銀行(メガバンク) 三菱UFJ銀行 1,760円/月 110円 330円 484円 660円
都市銀行(メガバンク) 三井住友銀行 2,200円/月 220円 440円 550円 770円
都市銀行(メガバンク) みずほ銀行 3,300円/月 220円 440円 490円 660円
都市銀行(メガバンク) りそな銀行 3,300円/月 330円 330円 660円 660円
地方銀行 きらぼし銀行 無料 110円 220円 385円 550円
地方銀行 横浜銀行 無料 無料 無料 165円 330円
ゆうちょ銀行 ゆうちょ銀行 550円/月 無料 無料 165円 165円
ネット銀行 PayPay銀行 無料 55円 55円 160円 160円
ネット銀行 楽天銀行 無料 52円 52円 150円 229円
ネット銀行 住信SBIネット銀行 無料 無料 無料 145円 145円
ネット銀行 GMOあおぞらネット銀行(通常会員) 無料 無料 無料 145円 145円
ネット銀行 GMOあおぞらネット銀行 (通常会員 設立1年未満) 無料 無料 無料 145円
(20回まで無料)
145円
(20回まで無料)
ネット銀行 GMOあおぞらネット銀行(振込料金とくとく会員) 500円/月 無料 無料 135円 135円
信用金庫 城南信用金庫 1,100円/月 110円 220円 264円 440円
信用金庫 城北信用金庫 2,200円/月 無料 無料 275円 275円

法人口座審査についての比較

こちらは、法人口座開設の審査に必要な提出方法と口座開設日数についての比較をしてみました。

銀行名 印鑑の有無 審査申請方法 口座開設日数
GMOあおぞらネット銀行 法人口座 不要 ネットのみ 即日
住信SBIネット銀行 法人口座 不要 ネットのみ 翌営業日
PayPay銀行 法人口座 不要 郵送 1週間~10日
楽天銀行 法人口座 必要 郵送 1週間~10日
ゆうちょ銀行 必要 銀行での書類提出 1ヵ月
信用金庫 必要 面談・訪問あり 1週間~2週間
三井住友銀行 必要 郵送 1ヵ月
りそな銀行 必要 郵送 5~1週間
みずほ銀行 必要 面談あり 1週間~10日
三菱UFJ銀行 必要 面談あり 1ヵ月

まとめ

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

この記事がみなさまの口座開設準備のお役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました