超簡単にwpXシン・レンタルサーバーに引っ越し!WordPressデータ移行 ~ドメイン変更なし可&サービス無停止対応

WordPressの使い方

超簡単にwpXシン・レンタルサーバーに引っ越しする方法 ~WordPressデータ移行

この記事では「WordPressデータを超簡単にwpXシン・レンタルサーバーに引っ越し(データ移行)する方法」について解説します。

今回紹介する方法ではサーバーの引っ越し(データ移行)先がwpXシン・レンタルサーバーであれば、現在使っているレンタルサーバーがどこであっても、この方法でWordPressのデータ移行をすることができます。

以下のような要望を持つ方に役に立てると思います。

  • WordPressの全データをwpXシン・レンタルサーバーに移行をしたい
  • ドメインはそのまま変更せずにサーバーを引っ越ししたい
  • 新しいドメインに変更してサーバーを引っ越ししたい
  • Webサイトを停止することなくサーバー移行したい
  • 失敗やデータ紛失などのリスクなくサーバー移行したい
  • データ移行した新サーバーで完全に本番と同じ環境(本番のURL)で確認テストしてからリリースしたい
  • データのエクスポートとかFTP転送とか面倒でリスキーでスキルのいる手順はいやだ
  • とにかく自動でできる簡単な手順を教えて!

多くの方に読んでいただけるよう、Windows, MacOSなど様々なOSに対応したやり方で解説していきます。

この記事を監修・執筆した専門家

こんにちは!この記事を監修・執筆した斎藤はじめと申します。
私は現役のエンジニアで、普段はWordPressの開発案件などをメインに担当しています。経歴としては誰もが知っている月間数千万人が利用するサービスの開発をしたり、今でも月間数百万人が訪問する規模のWordPressサイトの運営しております。WordPressを触らない日はありません。

そんな私がプロの目で解説していきます!

WordPressのレンタルサーバー「wpXシン・レンタルサーバー」について

本題に入る前にwpXシン・レンタルサーバーについて紹介しておきます

wpXシン・レンタルサーバー
【総合評価】 3位
料金・価格の安さ (コスパ)
★★★★☆2位
お試しのしやすさ (無料お試し体験)
★★★★☆
性能・スペック (表示速度・耐久性)
★★★★★2位
トラブル解決 (サポート体制・情報量)
★★★★☆
使いやすさ・操作性 (初心者向)
★★★☆☆
総合評価
★★★★★

エックスサーバーによる新サービス。革新性と低価格(コスパの高さ)がウリ。ベースのシステムはほぼエックスサーバーと同様のものを使用しており、最新技術が新機能などが迅速に採用される。アダルトサイトも運営可。

また、以下を前提条件として移行手順の解説を進めます。

  • wpXシン・レンタルサーバーの新規登録自体も終わっている
  • 移行先で運用するドメイン自体の取得は終わっている

wpXシン・レンタルサーバーの新規会員登録やセットアップが終わっていな方はこちらの記事を参考にしてみてください。

その他のレンタルサーバーサービスについてはこちらの記事で紹介しています。

「wpX Speed」からのデータ移行についての注意点

いろいろと各レンタルサーバーの移行の検証を繰り返した結果、wpXシン・レンタルサーバーへのデータ移行に関しては注意点が1つあります。
それは同列系サービス「wpX Speed」から「wpXシン・レンタルサーバー」に関しては今回冒頭であげた条件での直接の移行は不可能です。

具体的にはサービス停止なし&本番と同じURLで確認テストが行えません。理由はwpX系のシステムの仕様上、システム内に同時に同じドメインが存在できないためです。

序盤でエラーが出てしまいデータ移行の準備すらできません。

そのため、どうしてもwpX SpeedからwpXシン・レンタルサーバーに移行する場合は

  • wpX Speed上のサイトをサービス停止してドメインを削除するというあまり現実的でない方法
  • エックスサーバーにお試し登録していったん移行して本番リリースしてから再び本番サイトを「wpXシン・レンタルサーバー」にするという手間がかかる方法

の2通りです。移行手順に関してはエックスサーバーとwpXシン・レンタルサーバーがほぼ同じなので思ったほど難しくはないかもしれません。

では本題のwpXシン・レンタルサーバーのサーバー引っ越し手順の解説に戻ります。

wpXシン・レンタルサーバーのサーバー移行手順について

wpXシン・レンタルサーバーのサーバー移行手順は実はエックスサーバーへの移行手順とほとんど同じです。
wpXシン・レンタルサーバーはエックスサーバーの派生サービスということもあり、この2サービスは同様の管理画面を利用しています。

そのため移行手順はこちらの「エックスサーバーの引っ越し手順」の記事をご覧ください。
まったく同じ画面なので問題なくサーバー移行を完了するこができます。

参考

参考までにレンタルサーバー比較や他のレンタルサーバーにデータ移行(引っ越し)するまとめ記事を紹介しておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました