【最新比較】wpX シン・エックスサーバーとwpX speedの違いをまとめてみた!

WordPressのレンタルサーバー

初めてホームページ・ブログを作ろうとしてる方にとって、「どのレンタルサーバーにしたらいいか分からない…!」という壁に当たることがあるのではないでしょうか?

同じようなサービスがたくさんあって分からないですよね。

長年にわたってWordPressを使ってブログやサイトを運営してきた経験をもとに、この記事では、wpXシン・エックスサーバーとwpX Speedの違いを分かりやすくまとめてみました。

wpXシン・エックスサーバーとwpX Speedは、同じ会社が提供しているレンタルサーバーサービスです。どちらにするか迷っている方は、参考にしていただけたら嬉しいです!

wpXシン・エックスサーバーとwpX Speedの特徴

「wpXシン・エックスサーバー」と「wpX Speed」を運営しているのは、どちらもエックスサーバー株式会社は2004年に設立されたレンタルサーバーの会社です。

wpX シン・エックスサーバーとは

wpXシン・レンタルサーバーは、エックスサーバーから2019年からスタートした、WordPressに特化して作られ「高速性」と「最新システムの迅速導入」に重点を置いたサービスです。

  • エックスサーバーは安全・安定・アクセス耐性が強い
  • wpXシン・レンタルサーバーは、高速・最新システムを先に利用できる

というのが大きな違いです。

wpX シン・エックスサーバーのメリットとデメリットをそれぞれ紹介していきます。

【メリット1】人気No.1のエックスサーバーと同じシステムで安心

前述のエックスサーバーと同じ運営会社が、「WordPressに特化」して作ったのがこのwpXシン・レンタルサーバーです。

サービス開始が2019年なのでこれ自体の認知度は低いですが、非常に安心して使うことができます。

【メリット2】サーバースペックが高く、表示速度が速い

独自に調査しましたが、読み込み速度は0.24秒と非常に高速でした。エックスサーバーをより高速化したものなので、表示速度が速いです。

また、こちらも「ほかのサーバーの影響を受けない」作りになっているため、自分のサイトの状態を確認しておけば、それ以外にスピードが遅くなることもありません。

【メリット3】WordPressの導入は自動!操作性が高く初心者向け

実際に使うと、wpXシン・レンタルサーバーは、エックスサーバーと比べて操作性の高さを感じました。

例えば、WordPressをインストールする際、エックスサーバーはちょっとわかりづらい管理画面で手動で対応しなければいけないですが、wpXシン・レンタルサーバーは、申込と同時に自動でインストールされるので、何もしなくて良いんです!

基本はエックスサーバーと同じなので分からないことがあっても調べればすぐわかりますし、初めてWordPressでサイトを作る方にとっては、とても使いやすいと思います。

デメリット:ほぼなし

使ってみても、他の方の口コミなどを調べても、デメリットがあまりなかったです。強いて言えば、名前がダサいという口コミが多かったです・・(笑)

wpX Speedとは

「wpX Speed」は、エックスサーバー社が2019年にエックスサーバーから分離して作った、WordPressに特化したクラウド型のレンタルサーバーサービスです。


大きな特徴として、wpX SpeedはWordPressしか使うことができません。

WordPressでしかブログやホームページを作らない方にとっては全く問題ありません。
ただ、静的HTMLやWordPress以外のCMSツールなどWordPress以外のプログラムでのWEBサイトの構築そもそも利用できませんのでご注意ください。

wpX Speedのメリットとデメリットをそれぞれ紹介していきます。

【メリット1】WordPressに最適化されており、シンプルで使いやすい

wpX Speedには、「WordPressクイックスタート」機能という機能がついており、すぐにブログを立ち上げることができます。

シンプルで使い管理画面なので、初心者の人でも迷わず利用できるのが特徴です。

【メリット2】急にアクセスが増えても、自動で対応してくれる

wpX Speedには独自の機能として、「オートスケール機能」というものがあります。オートスケール機能は、アクセスが集中して困りそうな時に、自動でスペックの高いプランへ変更される」という機能です。

もちろん上限予算は設定しておけるので「こんな高いお金払うことになるなんて!」ということもないですし、サーバー落ちすることもないという魅力的なプランです!

【メリット3】スペックが高く、表示速度も非常に速い

こちらも我々が独自調査したところ、表示速度が0.26秒と速く、スペックが高いことがわかりました。

また、エックスサーバーと同様に前述した「ほかのサーバーの影響を受けない」作りになっているため、自分のサイトの状態を確認しておけば、それ以外にスピードが遅くなることもありません。

デメリット:比較すると最も値段が高い

エックスサーバーは1,100円くらいと、ほかのサーバーと比較してもそこまで高くはないですが、wpX Speedの場合、最安値のプランでも月1320円とお高めです。

それでも使う人が多いのは、とてもシンプルで使いやすくスペックも高いためだと思います。

wpXシン・エックスサーバーとwpX Speedの料金比較

初期費用・月額料金を見ていきましょう。

サービス名 無料期間 おすすめプラン 初期費用 月額料金 初回支払額 年間契約の場合
wpX シン・エックスサーバー 〇(10日間) ベーシック 0円 990円(3か月払い) 2,970円 10,560円
wpX Speed × W1 0円 1,320円 1,320円 15,840円

料金はほとんど変わりありませんが、

  • wpX Speedの方が、初期費用もなく、初回の縛りがないので初回支払額が安い
  • wpXシン・エックスサーバーの方が、長期的に使う場合はボリュームディスカウントがあって安い

という違いがあります。これはそれぞれの状況によるので検討してみてください。

wpXシン・エックスサーバーとwpX Speedのスペック比較

だいたい同じ金額の2つのプランを比較すると分かることとしては、CPUやディスク容量などはエックスサーバーの方がスペックは高いということです。

サービス名 wpX シン・エックスサーバー wpX Speed
おすすめプラン ベーシック W1
初期費用 0円 0円
月額料金 990円(3か月払い) 1,320円
CPU 6コア 2コア
メモリ 8GB 2G
ディスク容量 300GB 200GB
転送量目安 900GB/日 13.5TB/月
MySQL 無制限 無制限
WordPress簡単自動インストール
WordPressクイックスタート ×
独自ドメイン永久無料特典 ×
オートスケール機能 ×
マルチドメイン 無制限 無制限
サブドメイン 無制限 無制限
無料独自SSL
WEBサーバー nginx nginx
PHPバージョン PHP8/PHP7 PHP8/PHP7
HTTP/2
脆弱性対策(WAF)
自動バックアップ
過去14日分保持 / 無料復元

過去7日分保持 / 無料復元
アダルト × ×
サポート メール:24時間365日(24時間以内返答) / 電話:平日10時~18時 メール:24時間365日(24時間以内返答) / 電話:平日10時~18時

また、その他の違いとしては、

  • オートスケール機能(wpX Speedのみ)
  • クイックスタート(エックスサーバーのみ)
  • 独自ドメイン永久無料特典(エックスサーバーのみ)

という点が大きく違いました。それぞれ説明していきます。

オートスケール機能とは?

「オートスケール」機能は、アクセスが急激に増加してもリソースが多いプランに自動で変更する機能です。

そのため、例えば何かの理由で記事がバズったときでも、サーバー落ちすることなく機会損失しないということです。これは想定できないことでもあるので、ありがたい機能ですよね。

また、プラン変更の条件・予算は任意で設定できるので、毎月無理のない範囲で使うことができます。

WordPressクイックスタートとは?

申し込みと同時にWordPressが完成するという、初心者にとってはありがたいサービスです。

これまでも、WordPressを簡単に始められる仕組みとして、「WordPressの簡単インストール」という機能がありましたが、インストール前に契約手続きやネームサーバーの設定などいくつかシステム的な作業が必要でした。

このクイックスタートは、そのWordPressをインストールまでに必要な設定をレンタルサーバーサービスが全て自動で行ってくれるため、ほとんど何も設定しなくてもブログを開始できるのです。

サーバー知識がほとんどない初心者でも、WordPressを作ることができるのが、クイックスタートです。

独自ドメイン無料特典とは?

そもそも独自ドメインとは、自分で好きな文字列を指定して取得するオリジナルのドメインのことです。独自ドメインは、年毎に更新して使い続けることができます。(例:http:s//〇〇.jp)

また、「〇〇@〇〇.jp」というホームページやブログのメールアドレスとしても利用することができます。

独自ドメインを持っていると、メリットは大きく2つあります。

  • ①ドメインにブランドイメージを持ってもらいやすい
  • ②サーバーを引っ越しても同じドメインを使用できる

①のブランドイメージはわかりやすいと思います。

ただ実際に影響があることとしては、②の方が大きいかもしれません。もしサーバーサービスについている共有ドメインを利用するとしたら、サーバーを引っ越す際にドメインも引っ越す必要があります。

そうすると、ドメインに積み重ねた信頼性を失うことになるためSEOの効果がかなり下がってしまいます。また、メールアドレスとして使っていた場合変更しないといけないんです。

そのため、独自ドメインの方がいいと言われているんです。

「独自ドメイン」は、一般的に年数1,000円かかるのですが、「独自ドメイン無料特典」と書いてある場合、その独自ドメインを無料で提供してもらえるということです。

提供してもらえる期間は「1年間」「永久」など様々ですが、その後にドメインだけを更新することもできますので、安心ですね。

ただ、「独自ドメイン無料特典」がなくても、ドメインサービスを使って購入すれば使えるので、安心してください。あくまで「無料特典」というメリットです。

目的別レンタルサーバーの選び方

wpXシン・エックスサーバー向きの人

「wpXシン・レンタルサーバー」はエックスサーバーとほとんど一緒です。調べれば多くの情報が出てくるという点では、幅広く向いている方が多いですし、特に初心者の方にとってはクイックスタートはとてもありがたいと思います。

そのため、wpXシン・エックスサーバーがおすすめの方は、

  • 【安さと質を重視】したい方
  • 初心者でシステムの知識が少ない方
  • WordPress以外でも利用する可能性がある方

wpX Speed 向きの人

新しいサービスでWordPressに特化しているレンタルサーバーのため、WordPressブログで収益を上げたい!という方にとっては向いていると思います。

wpX Speedがおすすめの方は、

  • 【スピードと集客を重視】したい方
  • たくさん集客をしてブログで収益を上げたい方
  • WordPressしか使わない方

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます!

他のサーバーと比較した記事も書いていますので、悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

WordPressサーバー徹底比較7選!人気レンタルサーバー実態調査結果
初めてWebサイトを作ろうと思ってるけど…「どこから始めたらいいかわからない!」という方も多いのではないでしょうか?WordPressでブログをはじめようとする方が、レンタルサーバーの選び方など最初の設定がわからず始められないという...
【価格比較】WordPress人気レンタルサーバー料金調査結果
WordPressでのブログや個人のホームページを作ろうとすると必要になってくる「レンタルサーバー」。料金が無料のサーバーもあれば、月1,600円するようなサーバーもあります。初心者の方にとっては、どれを選べばよいか?迷ってしまうと...

コメント

タイトルとURLをコピーしました