【2022年】wpX Speedの特徴や料金など詳細まとめ

WordPressのレンタルサーバー

wpX Speedの特徴や料金は?実際に利用してまとめてみた

この記事ではWordPressが使えるレンタルサーバーサービスである「wpX Speed」について、特徴や料金、性能や使いやすさなどを徹底的に解説します。

(実際に筆者自らサービスを利用した上でまとめています)

この記事を監修・執筆した専門家

こんにちは!この記事を監修・執筆した斎藤はじめと申します。
私は現役のエンジニアで、普段はWordPressの開発案件などをメインに担当しています。経歴としては誰もが知っている月間数千万人が利用するサービスの開発をしたり、今でも月間数百万人が訪問する規模のWordPressサイトの運営しております。WordPressを触らない日はありません。

そんな私がプロの目で解説していきます!

wpX Speed
【総合評価】
料金・価格の安さ (コスパ)
★☆☆☆☆
お試しのしやすさ (無料お試し体験)
★★☆☆☆
性能・スペック (表示速度・耐久性)
★★★☆☆
トラブル解決 (サポート体制・情報量)
★★★★☆
使いやすさ・操作性 (初心者向)
★★☆☆☆
総合評価
★★☆☆☆

エックスサーバーが運営する新サービス。他のレンタルサーバーとは違いWordPress専用サーバーとなっている。最短1時間~利用可能だが、長期で契約すると料金はかなり割高になる。

「wpX Speed」の概要

wpX Speedはエックスサーバーの新サービスでWordPress専用のレンタルサーバーです。WordPressに最適化されており複雑な割引プランなどもほとんどなくシンプル。時間単位の従量課金型だが長期契約だと割高になってしまうのが痛い所です。個人的には今から申し込むなら2021年開始の「wpXシン・レンタルサーバー」の方がおすすめだと思います。

「wpX Speed」の料金・価格

★☆☆☆☆

wpX Speedの料金はとても高額です。今回紹介するサーバー中最高値になってしまいました。

1時間から利用できるシステムですが、その分なんの割引もありません。
年単位で比較するとロリポップの2倍~3倍にまでなってしまいます。

エックスサーバーの安心や信頼が欲しければ、wpXシン・レンタルサーバーにしておきましょう。

サービス名 wpX Speed
プラン毎の
月額料金
■W1
 月額~上限1,320円

■W2 →【おすすめ!】
 月額~上限2,640円

■W3
 月額~上限5,280円

■W4
 月額~上限11,000円

■W5
 月額~上限3,3000円

※料金は時間当たりの従量課金制
※さらに上位W6,W7もあり
初期費用 無料
初回の
最低支払額
2.2円
(最低利用期間なし。W1プラン1時間~利用可)
次回更新時の
最低支払額
2.2円
(W1プラン1時間)
キャンペーンや
割引クーポン等
料金割引情報
特になし

※期間限定キャンペーンはたまに開催するが、〇日間無料などで割引ではない
契約期間 1時間単位
支払い方法 ・クレジットカード決済
・銀行振込(PayPay銀行)
・コンビニ決済
サービス名 wpX Speed
おすすめプラン
1年間利用時の
合計料金
31,680円
おすすめプラン
3年間利用時の
合計料金
95,040円
最低価格で
1年間利用時の
合計料金
15,840円
最低価格で
3年間利用時の
合計料金
47,520円

「wpX Speed」お試しのしやすさ(無料お試し期間等)

★★☆☆☆

wpX Speedにお試し利用はありません。

サービス名 wpX Speed
無料お試し体験
無料期間など
なし

「wpX Speed」の性能(速度・耐久性)

★★★☆☆

wpX Speedの性能に関してはそこまで高くはありません。

wpXはエックスサーバーの安価版かつWordPress専用レンタルサーバーという扱いです。

サービス名 wpX Speed
プラン毎の
スペック比較
■W1
 CPU: 2コア
 メモリ: 2GB
 ディスク容量: SSD 200GB

■W2
 CPU: 3コア
 メモリ: 4GB
 ディスク容量: SSD 300GB

■W3
 CPU: 4コア
 メモリ: 8GB
 ディスク容量: SSD 400GB

■W4
 CPU: 5コア
 メモリ: 12GB
 ディスク容量: SSD 500GB

■W5
 CPU: 7コア
 メモリ: 24GB
 ディスク容量: SSD 700GB


※さらに上位W6,W7もあり
※ユーザー個別のリソースを確保(下限の管理)
プラン毎の
転送量・月間PV数
の目安を比較
■W1
 13.5TB/月→月間450万PVに相当

■W2
 18.0TB/月→月間600万PVに相当

■W3
 22.5TB/月→月間750万PVに相当

■W4
 30.0TB/月→月間1000万PVに相当

■W5
 37.5TB/月→月間1250万PVに相当

※さらに上位W6,W7もあり
※オートスケールあり
ページ応答速度
(リクエスト平均)
253ms

「wpX Speed」のトラブル解決(サポート・情報量)のしやすさ

★★★★☆

wpX Speedのトラブル解決のしやすさに関してはそこそこよいと言えそうです。
サポート対応は十分、ネットの情報量も十分な件数がヒットしました。

サービス名 wpX Speed
問い合わせ・サポート 電話〇 (平日)
メール〇 ※24時間以内返信
チャット×
トラブル情報の検索ヒット数 13万件
運営実績 エックスサーバーから誕生
2019年~サービス開始

「wpX Speed」の使いやすさ・操作性(初心者)

★★☆☆☆

wpX Speedの使いやすさ・操作性についてはちょっと物足りないです。
管理画面の使いやすさは普通なのですが、WordPress専用サーバーなのに初期インストールが無い点などはちょっと疑問です。

サービス名 wpX Speed
WordPressクイックスタート
(契約時にドメイン取得と
WordPressインストール)
×
不可
管理画面の使いやすさ
管理画面は1つの画面

「wpX Speed」の特徴(メリット・デメリット)

wpX Speedのメリット・デメリットをまとめます。

サービス名 wpX Speed
メリット・デメリット 〇エックスサーバーが運営している安心感
〇時間単位の従量課金で初期費用や契約期間などもない
〇自動プランアップに対応
△スペックの割に料金が割高
△サービスリリースからあまり時間がたってない
×お試し期間がない

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました!

他のレンタルサーバーと比較した記事もありますのでよろしければ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました